SON Wookyung's Time&Space Lab : image phenomenon  
Front Page
Tag | Location | Media | Guestbook | Admin   
 
映像作品「循環-circle of water」

사용자 삽입 이미지


コンセプト1  円(マル、 circle)、循環 (circulation)
コンセプト2  水
コンセプト3  異化、デフォルメ
コンセプト4  絵画

今までの制作である「呼吸」、「回帰」、「循環」は円(circle)をテーマとし、生命の誕生、成長、宇宙、そしてニーチェの永劫回帰(人生の無限な肯定)に基本思想をおいている。

私は、円形に興味を持ってから、まるいものを撮り集め映像作品を作ってきた。その作業から次は物事に円形を与える作業に方向を展開させてみた。無機的な円を生きて行くのに必要な有機的な円にする、すなわち円が形成する世界に遠近感を与え、太陽や地球など宇宙の円を翻訳して行くことが私の仕事だと考えたのである。  

そして今回の映像「循環」には、画像から円形を外す展開を試みた。円の形から脱皮し、私が円に対して持っているイメージである循環を具体化するために、水という題材を選択した。水の流れは循環する世界を象徴していると考えられるからである。題材は氷を撮影装置やフィルターとして使用し、水と氷の中に映っている真実と人間の反映を表現した。水は凍って氷になり、それを目にする者に静寂な心を持たせる。その静寂を通した世界を私は作りたかった。

映像作品「循環」は、滝、川、海の水と、水と共にある都市や人間生活を題材にした。コンピュータによる加工作業のほか、自作の撮影装置やフィルターによって風景や人間が映っている映像をデフォルメし、絵画の巨匠であるロスコ、ターナー、モネ、ベーコンのような絵画作品への接近を試みた。それぞれの風景映像の抽象化は、最後に抽象絵画へ到達するように編集した。鳥は水と空を感じさせ、犬は大地への信頼を感じさせ、人間は孤独の中でも明日への希望を持って生きていると私は読み取り、映像の中に登場させた。

全体のタイトルを「循環—circle of water」とし、「#1滝」、「#2小川」、「#3海」の3部構成にわけたオムニバス形式の映像である。それぞれの水を違う性格、個別性、個性で表現し、差別化した映像をそれぞれ創ることを目指した。  

各映像によるテーマ、意図は下記のごとくである
 「#1滝」宇宙、誕生、光、世代を超えて永遠に生きる女性、母親、魔女  

「#2小川」成長、平和、人間の孤独、ロスコの絵画、モネの絵画
 
「#3海」死、世界の汚れ、死と誕生の繰り返し、ターナーの絵画 

     
  



音は滝、小川、海それぞれの3つの音源のpitch (音の高さ)を調節し、水の音による和音を作る実験を試みた。 水の音で和音が作れるのかという実験と共に、 滝にはイ短調、小川にはハ長調、海にはト短調を用い、それぞれの水が奏でるシンフォニーと環境音(サウンドスケープ)を取り入れる事によって風景の一部を見ているように演出した。

 




[Image forume festival 2009]

水をテーマとした映像詩。三章で構成され、「滝」、「小川」、「海」と水の循環を巡っていく。氷を使用した独特の撮影装置とフィルターによって、原風景は揺らめきや滲み、反射を増幅。白糸のような滝を幾何学的にデザイン化し、岸辺の光景を印象派絵画のように抽象化する。さまざまな水の音、現実音、音楽が繊細に映像と融合。

This is an image-poem on the theme of water.Water moves through a circuit of three chapters: waterfall, stream, and  sea.With filter and a special apparatus  that uses ice the archetypal  scene sways and becomes stained, and the reverberation is amplified. The white thread-like waterfall is geometrically designed and the cliff scene is abstracted like an impressionist
painting. the file is delicately harmonized with various sound of water and music.




映像アートの祭典「イメージフォーラム・フェスティバル2009」が4月28日より幕。実験、記録、デジタル・イメージ、アニメーション、ドキュメンタリーなどあらゆるジャンルの最新映像を紹介。
東京、京都、福岡、名古屋、横浜、5都市を巡回いたします。
本年度の審査員は、しりあがり寿[漫画家],西嶋憲生[映像批評家、多摩美術大学教授],マティアス・ミュラー Matthias Muller[映像作家/ドイツ]の3氏でした。


  • ------------------------------------------------------------------------------------
 nordic house
사용자 삽입 이미지
, Iceland
사용자 삽입 이미지
 


















------------------------------------------------------------------------------------

사용자 삽입 이미지
사용자 삽입 이미지









사용자 삽입 이미지







사용자 삽입 이미지



























BLOG main image
[손우경의 시공간 연구소] SON Wookyung (Video Artist, PhD in Art and Design) uses a range of media including video, sound and performance investigating the relationship between space, the body and perspective. (wmay30@hotmail.com)
 Notice
 Category
분류 전체보기 (87)
about Time&Space Lab (6)
Video Art (34)
Performance (10)
Intermedia Art&Colla.. (27)
Dissertation& Paper (10)
Image Phenomenon (0)
 TAGS
미디어펴포먼스 영상 공간연출 영상디자인 무대영상 비디오인스톨레이션 영상전시 미디어인터렉티브디자인 이미지페노메논_미디어공간신체ImagePhenomenon_MediaSpacePerformance son wookyung 孫 于 景 시공간연구소 감각을 감각하다 프로젝션 맵핑 공연영상 까막눈의 왕 무용영상 손우경 공연 영상 미디어 퍼포먼스 영상 디자인 잠재된 눈물 손우경 전시 비디오아트 공연·전전시회 워크샵 다워예술 다원예술 自画像<烏>−selfportrait <crow> no.4 미디어와 퍼포먼스를 아우른 다원예술 워크샵 미디어아트 영상공간연출 그림 속 그녀들의 이야기 미디어퍼포먼스 무용 영상 영상 전시 퍼포먼스공연 융합예술 프로잭션 맵핑 공연 창작뮤지컬 ‘비상’ Image Phenomenon_Media+Space+Performance
 Calendar
«   2019/07   »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 Recent Entries
"베케티안 렙소디(Beckettian Rhapsody)"워..
판소리 창작뮤지컬"적벽" 영상디자인
2018연구실적
공연"잠재된 눈물" 영상감독
소리극 "까막눈의 왕"
콘서트 "더 킹" 영상디자인
판소리 창작뮤지컬"적벽"
"잠재된 눈물" 쇼케이스
2017연구실적
창작뮤지컬 "비상"
 Recent Comments
어렵다
우승 - 2007
 Recent Trackbacks
우승의 생각
kimws' me2DAY
 Archive
2019/06
2019/05
2018/12
2018/11
2018/09
 Link Site
rins-factory
Inaguchi Shunta
http://ooakdollpark.com/
손우경 페이스북
시공간연구소
ImagePhenomenon페이스북
 Visitor Statistics
Total : 37,682
Today : 0
Yesterday : 2
rss